介護施設には、施設長の「カラー」が出る!

介護施設には、施設長の「カラー」が出る!

私はこれまで3つの介護施設に勤務してきましたが、勤務施設を変えるたびに強く感じていたのは、「介護施設は、その施設の施設長によってカラーが変わるな。」ということでした。一つ目の施設の施設長はどちらかというと介護に対する熱意があまり感じられず、事務机で事務作業ばかりしているような人でした。何か利用者さんとのトラブルがあっても、実務上のトップである副施設長に丸投げしてしまうような感じでしたから、職員からもあまり慕われていませんでしたし、職員のモチベーションについても他の2施設と比べても低いように感じました。それに対して二つ目の施設では、施設長が朝と夕の2回にわたって必ず利用者さん全員に声をかけてまわるような人で、職員からの信頼も厚く、活気に満ちていたように思います。三つ目の施設の施設長は少々問題がある人で、何かあるといつも職員を怒鳴りつけるような人でした。これに耐えられず辞めてしまった職員も何人かいて、「パワハラ施設長」として有名でした。職員の間にも常にビクビクとした雰囲気が漂っており、とてものびのびと仕事に取り組んでいる印象はありませんでした。このように施設長によってその職場の雰囲気が大きく変わってきます。入職前はなかなか施設長の人柄までは分かりにくいですが、職場見学や採用時面接などを通して、早めに施設長のカラーを知っておきたいものですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ